ボケ防止と年齢

ボケ防止を考えなければならない年齢はいくつぐらいからでしょうか。
自分の親には痴呆症になってもらいたくないと思うなら、早めにボケ防止のためのプレゼントを贈って下さい。
どういうプレゼントを贈れば、ボケ防止に効果があるかはインターネットで調べてみるとすぐにわかります。
基本的な考え方としては、頭を使うものがすべてボケ防止に効果があります。
ただ、若年性認知症と呼ばれる病気があるように、若くても脳の働きが悪くなって仕舞うケースもあります。
年齢ではなく、いつでもういういしい脳を維持することを考えましょう。
つまり、高齢になった親と共に自分の脳を活性化させるために、一緒に脳トレゲームを楽しんで確かめることをおすすめします。
親孝行と共に自分も元気になるでしょう。
中高年になると、物忘れがひどくなってきます。
それを自覚しているうちはいいのですが、忘れていることを自覚できなくなるとボケが始まっています。
毎日を面白くあかすことは重要ですが、頭を使うことを止めてはいけません。
定年を迎えて、仕事を辞めてしまうと急にボケが進行する人もいます。
外部からの適度な刺激を加え続けなければ、脳は働かなくなるからだ。
著しい刺激が必要ではなく、年齢に合わせたレベルで大丈夫。
子どものおもちゃやゲームがお婆さんのボケ防止グッズとして利用されるのは理由があります。
それが適度な刺激だからだ。
運動神経が鈍くなり、速い動きができなくなることは避けられませんが、トレーニングをすることによって一定のレベルを維持できます。
脳の働きも同じです。
脳トレが重要となります。
ただ、ボケ防止の視点ばかりを重要視するのではなく、楽しみながらやることも重要です。
若い時から、自分の趣味を持っている人は、高齢になっても続ければいいでしょう。
スポーツも怪我をしない程度に楽しむ人が少なくありません。
楽しみながら脳や体のトレーニングを通じて下さい。
囲碁や将棋は身近なゲームだ。
ルールは難しくありませんし、各種場所で楽しんでいるでしょう。
仕事を辞めてからボケが進行するのは年齢によってはなく、これまでの脳の使い方を止めてしまうからです。
それがわかったら、今からやることを考えてください。引用

ボケ防止と年齢